札幌の暮らしの注意点

真冬の札幌は歩くのも大変

札幌というと人口200万人の大都市で、栄えているので新宿や大阪市中央部と同じような感じの街だろうと思われがちです。たしかに春から秋にかけては他の大都市とそんなに違いありません。しかし、真冬の札幌の降雪量や吹雪というのは半端なものではなく、道の除雪も進まない時間帯に積雪量が増えたりすると、駅のすぐそばであっても歩行が大変な日があります。そして、もちろん自転車も不可能ですし、車での移動もだいぶ大変です。そのため、地下鉄の利用が冬の札幌の自然の厳しさを乗り切る上で重要になってきます。住みたいと思っている部屋をいくつか絞り込んだならば、安易に駅から遠いけど家賃は安いような部屋を選択せず、やや家賃が高くても駅から近い部屋を選択したほうが利便性は増します。

その他の注意点とは?

雪以外の注意点としては、まず暖房費で、断熱効果が低い部屋に住んでしまうと室外気温と室内気温の差があまりなく、冬に相当な暖房費がかかる恐れがあります。そのため、住みたい部屋を見つけたら工法や築年数、内見の時に感じた室外との温度差などをよく考慮することが重要です。また札幌地域はガス料金に関して、都市ガスと比べてプロパンガス物件は基本料が高いうえに重量単価まで都市ガスより高額です。冬にお風呂に毎日浸かることを重要視している場合は、都市ガス物件かどうかのチェックも大事になってきます。その他、治安の善し悪しにも相当な格差があるため、トラブルに巻き込まれたくない場合は有名な繁華街から少し離れた位置に住んだ方が安心して生活できます。

室蘭の賃貸物件を貸すには、地元の不動産屋に相談するのが成功の鍵です。地域のネットワークを生かして高い家賃で貸すことが可能です。

© Copyright Winter Measures. All Rights Reserved.